ミノタブは薄毛を治せるAGA治療薬です。

ハゲ

薄毛にお悩みの皆さんこんにちは。当サイト管理人のミノタブマスターです。

 

私は、20代からAGA、いわゆる男性型脱毛症に悩まされてきた現在30代後半の男です。

 

AGAとは、一般的に20代から発症する可能性のある脱毛症で、円形脱毛症や壮年性脱毛症を除けばほとんどの薄毛がAGAに当たります。

 

おそらく、このサイトに辿り着いたあなたも何かしら脱毛症の悩みがあるのではないかと思います。その気持は痛いほど私にはわかります。

 

ハゲは本当にキツイものです。自分は何も悪い子としていないのに外に出れば指を差され笑われる。誰かがコソコソ話しをしていてもその全てが自分のハゲのことを噂されていると勘違いしてしまいます。本当に精神的にきついのが男性型脱毛症です。

 

しかし、AGAは進行形の脱毛症ですので、一度抜け毛が始まると自分の力(自然治癒)では治ることはありません。そうなんです。ハゲは受け入れるか対策をするかの2択しかないのです。私は当然受け入れることができませんでした。

 

何とかしてこのハゲを治したいと強く思っていました。楽天のランキングで上位にいる育毛剤はすべて買いました。でも、どれも全くと言っていいほど効果はありませんでした。このままではいけない!そう思った私は「ミノキシジルタブレット」と出会ったのです。


ミノタブとはミノキシジルタブレットの略称です。

ミノタブ

あなたはミノキシジルタブレットという薬をご存知でしょうか?

 

薄毛に悩む人なら一度は耳にしたことがあるのかもしれませんね。
ミノキシジルタブレットは「ミノタブ」という略称でも親しまれている現在、最強の発毛剤です。

 

これは、錠剤(タブレット)型の飲む育毛剤として広まっています。ですが、日本ではまだ認可が下りていないので日本国内では販売されてはいません。

 

これは使用してはいけないというわけではなく、販売をしてはいけないというものです。なので、購入するには海外の販売元から購入するのが一般的です。

 

一番簡単なミノタブの購入方法は、「オオサカ堂」という個人輸入代行サービスを使うものです。これは普通の通販ショッピングと変わらないくらい簡単な購入方法です。


ミノタブの発毛・育毛効果はどんな感じなのか?

効果

では、ここからミノタブについて詳しく解説していきたいと思います。

 

ミノタブは元々発毛剤として誕生したわけではありません。そもそもは高血圧の患者さんの血圧を下げるための薬として使われていました。

 

なので、血圧降下剤としてミノキシジルが使われていたのです。ですが、その高血圧患者の多くに「発毛」という副作用が確認されたことから発毛剤として開発されるようになったのです。

 

偶然の産物とでも言うのでしょうか?

 

また、ミノタブはタブレット型ですが、ミノキシジルが配合されている「塗りミノキ」というものもあります。日本ではリアップなどがそれに当たります。ですが、ミノキシジルの配合量が少ないのであまり効果は期待できません。

 

やはり、ミノキシジルの効果を最大限実感するためには、ミノタブを育毛に取り入れるのが一番だと私は思います。では、ミノタブは一体どうゆう作用があるのか?というと、

 

ミノタブの主な効果・作用

 

ミノタブは血圧を下げる作用がありますので、それにより血管が拡張されます。そのおかげで頭皮の縮んでしまった毛細血管も押し広げられます。

 

薄毛の原因の一つは頭皮に血液が十分に行き届かないから、だと言われています。血液は栄養分を運ぶ飛脚のような役割もあります。ですが、頭皮の毛細血管が収縮していると血液が隅々まで行き届かず、毛根下の細胞が弱ってくるのです。

 

その状態が続くと、毛髪を生成することが困難になってしまい、頭皮が栄養失調になっていしまい、抜け毛が増えていき薄毛が目立つようになってくるのです。

 

ミノタブを服用することで血管が広くなり、頭皮の毛母細胞が活発に細胞分裂を繰り返すことで発毛が促進されていくのです。


ミノタブには副作用があります。正しい知識をつけましょう。

副作用

ミノタブには素晴らしい発毛効果がありうますが、薬ですので副作用があります。

 

この副作用に抵抗がある人も多いとは思いますが、薬には必ず副作用があります。これは風邪薬でも頭痛薬でも一緒です。どんな薬にも副作用はつきものなのです。

 

これを理解してミノタブの副作用とうまく向かいながら育毛に取り組むのが大切です。

 

では、ミノタブにはどんな副作用があるのでしょうか?

 

ミノタブの主な副作用

 

多毛症・・・ミノタブは経口薬ですので頭皮にダイレクトに作用するわけではありません。血管拡張作用により全身の血管が押し広げられますので、全身の毛が濃くなるという副作用があります。

 

顔のむくみ・・・むくみというのは血管内の血液の濃度が下がることで血液の濃度を戻そうとするときに起こります。ミノタブの血管拡張作用で広がった血管内は血液の濃度が下がります。その作用のせいで血管の中から周辺の細胞に水分が排出されることでむくみが出ます。

 

動悸・・・ミノタブを服用することで血液循環が良くなり、ひどい場合には動悸がすることがあります。心臓の鼓動が早くなり、バクバクと心臓の音が大きく聞こえる症状です。不整脈にも繋がりますのでひどいようでしたら使用を中止しましょう。

 

頭皮の痒み・・・ミノタブを服用すると頭皮の血行が良くなりますので頭皮が痒くなることがあります。私の場合はミノタブを飲みだして数日間は頭皮に痒みがありましたがいずれ慣れてくるようになりました。

 

ミノタブにはこのような副作用があります。私の場合、副作用を感じたのはむくみと多毛症でした。どちらも危険な副作用とは思わなかったので使用を継続し、薄毛改善に成功しました。

 

ですが、体調や個人差により動悸や不整脈が起こる危険性がありますのでもしもそういった症状が出た場合にはミノタブを中止しましょう。使用を中止しても治らない場合は医師に相談するようにしましょう。


ミノタブは2.5mg・5mg・10mgとあるけどどれがオススメなの?

ミノタブ2.5

ミノタブは容量別で販売されています。

 

ミノタブ2.5mg、5mg、10mgと3種類のミノタブがあります。これは数字が大きいほど作用もきつく、発毛効果も高いとされています。ですが安易に容量が多いものを選ぶのもよくありません。

 

容量が大きければ大きいほど副作用の発現も高くなるからです。

 

私の経験上、ミノタブを初めて使う人はまずはミノタブ2.5mgから始めるのがオススメです。薄毛が進行していると焦る気持ちが先行しますが、じっくりと治療していくのが得策です。

 

というのも、私もそうでした。早く薄毛を治したいと思う気持ちが先行していきなりミノタブ10mgを購入して服用していました。ですが、初心者がいきなり10mgと高容量のミノキシジルを摂取したことで副作用がきつく現れました。

 

顔がほてり、眠気もすごく、仕事が手につかなかったことを覚えています。

 

なので、初心者はまずは2.5mgのミノタブで体に慣らしていくことから始めましょう。

 

ミノタブ2.5mgなら副作用はほとんど感じませんが、発毛効果は実感できます。私は今でも2.5mgを服用していますが十分ハゲが改善されました。


ミノタブは最強の発毛薬!まずは2.5mgを3ヶ月試してみましょう!

ミノタブは個人輸入代行サービスを使い、海外から取り寄せることができます。

価格も安く、品質も高い個人輸入代行は「オオサカ堂」です。私も7年間お世話になっていますが、これまで一度もトラブルはありません。

個人輸入代行の中には、お金を払ったのに商品が届かないとか、商品は届いたけど箱が潰れてグチャグチャになっているなどの悪徳な個人輸入代行もあるようです。

オオサカ堂は17年の実績を持つ老舗の個人輸入代行ですので安心です。



ミノタブ2.5mgならこれがオススメ!



ミノキシジルタブレット2.5mg(米国Mutual Pharmaceutical製)


ミノタブ5mgならこれがオススメ!



ミノキシジルタブレット5mg


ミノタブ10mgならこれがオススメ!



ミノキシジルタブレット10mg